同じ成分の薬品

バイアグラの有効成分シルデナフィルはその絶大な効果により多くの国で注目を集めました。発展途上国では一般的な消費者層から見てバイアグラは高価であるため数多くの模倣品が製造販売されている。薬品の特許は基本的には2つあり「成分特許」と「製法特許」といいます。しかし、国によっては「成分特許」がない国もあります。例えばインドでは製造方法に違いがあれば成分は全く同じでも法に触れることはないのです。

こちらは個人輸入代行業者を経由して購入できます。国内に輸入しても商売ではなく服用目的での購入することは合法です。成分特許を認める日本で模倣品の販売は特許法に違反するため禁止されています。既にお話しましたがバイアグラの「成分特許」と「製法特許」は期間が満了しているため厚生省の承認があれば後発医薬品の製造販売は可能です。ジェネリック薬品といえば耳に馴染みがあるかもしれません。模倣品とは違い日本の医薬品メーカーが名前を変え同じような成分の薬品を製造販売しています。薬の効能自体も本家バイアグラに引けを取らないほどです。

なんと今では10社以上がバイアグラのジェネリック薬品を販売しています。効果はそのままに味付きにしたり、より服用しやすい工夫をして差別化を図っているものもあります。